私たちの病院は「民医連」に加盟しています。
無差別平等 差額ベッド代無料

メニュー

1 小児医療の特殊性を学ぶ

小児の特徴は、成長・発達の過程にあるということ。小児医療はその全面発達を援助する場であり、臨床の場においても、この視点を貫くことが重要。

2 小児保健活動を学ぶ

小児の成長・発達を社会環境の中でとらえることが重要。健康児の健診や予防接種、保育園での健康管理などの実践。

3 基本的診療能力を身につける

おもな小児期の疾患についての基本的な診療能力。

4 基本的な検査手技・治療法を習得する

小児の特徴を理解した上での、検査・治療の適応の判断と実践。

5 関連他科の診療技術を習得する

特に小児に多くみられる皮膚科的疾患、耳鼻科的疾患などの知識と治療法の習得。

小児科後期研修のながれ

【基本的な研修期間は3年間とする。研修場所は、東葛病院での研修を基本とし、必要に応じて他の院所、市中の医療機関、保健センター、保育園などを活用する。】

①オリエンテーション(初期の1か月間)

  • セミナー:小児科学の基本的事項についての学習、小児をとりまく社会状況についての一定の理解を得るための学習をおこなう。
  • 指導医のもとで、病棟・外来での診療の基本を学ぶ。

②1年目

  • 小児科オリエンテーション終了後、指導医の指導のもとに、主治医として入院患者を受け持つ。
  • 初期研修の研修医の上級医として助言、指導をおこなう。
  • 指導医の指導のもとに外来診療をおこなう。
  • 一般診療、予防接種、乳幼児健診などに参加する。
  • 流山市の乳幼児健診に参加する。
  • 嘱託医となっている保育園の健診に参加する。
  • 小児科独自の症例検討会、抄読会、基礎的知識・技術の習得などの学習活動に参加する。
  • 病院全体の勉強会・学習会には支障のない限り積極的に参加する。

③2年目以降

  • 病棟主治医として診療をおこなう。
  • 初期研修の研修医の上級医として助言、指導をおこなう。
  • 小児科専門医試験を視野に入れて、必要な症例を診療できるように心がける(親施設である埼玉協同病院との連携をはかる)。
  • 外来診療では、1年目の診療に加え、専門外来を持つよう心がける。
  • 引き続き、市の健診、保育園の健診などに参加する。
  • 必要に応じて、他科研修、他施設研修をおこなう。
  • 学会活動に参加する。小児科関連の学会(日本小児科学会およびその分科会など)で、少なくとも年に1回の発表をおこなう。民医連内の研究会にも積極的に参加する。
  • 地域医師会の行事にも積極的に参加する。
  • 機会をとらえて、院外の研修会などに参加する。
  • 3年目の終了までに、小児科学会専門医の資格をとるための準備を完了する。

小児科後期研修にあたって 東葛病院小児科 プログラム責任者 伊東 繁

小児科の特殊性は、対象となる小児の年齢が、生後から15歳未満という短い期間であること、しかし、その短い期間に、成長・発達をとげながら大きく変化する存在であるということである。

また、「こどもはおとなの小型ではない」といわれるように、小児をみる視点において、成人と同じような見方をしてはならない。そのような生物学的な問題のみならず、社会的な存在としての小児の見方の重要性も考慮しなければならない。

小児は将来の社会の担い手であり、小児の健全な成育がなければ健全な社会の発展も期待できない。小児を育てるのは、家庭が基盤であるが、社会の関わりも大きい。その中で小児科医も一定の重要な役割を担っている。

小児科医の役割は、疾患の治療や保健予防活動にとどまらず、小児が健全に育つためのあらゆる可能な援助を与えることである。それは、WHOのいう「健康とは、肉体的、精神的および社会的に完全に良好な状態にあることであり、単に疾病または病弱の存在しないということではない」ということばに示されるように、「健康」を単に身体的な面をみることで事足れりとするものではないからである。

小児医療は、小児科学の発展の歴史をみても、内科とは異なる内容をもった独自のものである。したがって、小児科専門医としての研修は、独立したプログラムのもとにおこなわれなくてはならない。

また、内科学が臓器別に細分化される傾向があるのに対して、小児科学は必ずしもそのような方向性をもたない。したがって、多くの事柄を学ぶことが要求される。後期研修の期間は限られているが、小児科医としての研修は終わりがない。いいかえれば、最後まで夢をもちながら学んでいけるということでもある。

応募について

応募資格
初期臨床研修を修了(見込み)した医師
募集人数
若干名
応募方法
下記の書類提出による
提出書類
(ア) 履歴書
(イ) 医師免許証(写し)
(ウ) 健康診断書
(エ) 初期研修修了書(見込み)・研修実施機関に在籍を証明するもの
(オ) 志望動機(A4、1枚以内。様式は問わない)
試験日
随時
選考方法
面接

連絡先

TEL04-7159-1011(院所代表)
E-mailtk_medical_pr@tokyo-kinikai.com


医師部事務局
武井・藤井・清原

医者 医者