私たちの病院は「民医連」に加盟しています。
無差別平等 差額ベッド代無料

メニュー

外科後期研修の目標

  • 3年間、一般外科を中心に様々な手術を経験することによって独立した外科医を養成する
  • 同時に他科との連携も図り、医師としての総合力をアップさせる
  • 研修終了時には外科専門医の申請資格が得られる

外科専門医修練概要(日本外科学会ホームページより抜粋)

  • 修練開始後満4年以上経て→予備試験
  • 修練開始後満5年以上経て→認定試験

1)診療経験

最低手術経験数350例
・領域別分野を問わず

術者として120例
・術者・助手を問わず

消化管及び腹部内臓50例、乳腺10例、呼吸器10例、心臓・大血管10例、末梢血管10例、頭頸部・体表・内分泌外科10例、小児外科10例、外傷10例
・領域別分野、術者・助手を問わず

鏡視下手術10例

2)業績

筆頭者として、学術集会または学術刊行物に、研究発表または論文発表をしていること。

当院外科スタッフ

  • 継篤 日本外科学会専門医
  • 川村光夫 日本外科学会指導医・専門医
  • 大野義一朗 日本外科学会指導医、がん治療認定医・教育医
  • 濱砂一光 日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医
  • 五日市宏 日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医
  • 岸野亜紀子 日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医
  • 渡邉真 日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医
  • スレスタサントス 日本外科学会専門医

施設認定と資格

  • 外科専門医制度修練施設
  • がん治療認定研修施設
  • 外科専門医・指導医
  • がん治療認定医
  • 検診マンモグラフィー読影認定
  • 乳腺認定医
  • 内視鏡外科学会技術認定医

当科で診断・治療する疾患群

1.手術
・ 消化器全般(消化管、肝胆膵)
・ 乳腺
・ 内分泌
・ 小血管
・ その他
2.がん化学療法
・ 消化器
・ 乳腺
3.がん緩和治療

研修内容

手術

1年目 虫垂炎、鼠径ヘルニア、胆嚢結石など主に良性疾患の術者
2年目 結腸がん、胃がん、乳癌など悪性疾患の術者
3年目 直腸がん、胃がん(全摘)など難易度の高い手術の術者

病棟

  • 主治医として術前後の検査を含めた周術期管理を学ぶ(ドレーン挿入、 イレウス管挿入、PTBDなど)
  • 化学療法を学ぶ
  • 緩和治療を学ぶ

検査

上部消化管内視鏡検査が自立して施行出来る

外来

  • 外来単位を持つ
  • 創傷などの処置対応ができるようになる
  • 手術患者のフォローアップができる

待機、当直

外科系急性疾患の初期対応、手術適応が判断できる

その他

  • 常に患者さんと真摯に向き合い対処する
  • 他外科医師、他診療科医師、他スタッフと良好なコミュニケーションを図りチーム医療を推進する

応募について

応募資格
初期臨床研修を修了(見込み)した医師
募集人数
若干名
応募方法
下記の書類提出による
提出書類
(ア) 履歴書
(イ) 医師免許証(写し)
(ウ) 健康診断書
(エ) 初期研修修了書(見込み)・研修実施機関に在籍を証明するもの
(オ) 志望動機(A4、1枚以内。様式は問わない)
試験日
随時
選考方法
面接

連絡先

TEL04-7159-1011(院所代表)
E-mailtk_medical_pr@tokyo-kinikai.com


医師部事務局
武井・藤井・清原

医者 医者