• 差額ベッド
  • 無料低額診療
  • 新病院OPEN
  • 小児科
  • 地域医療
  • 綱領
診療のご案内 リハビリテーション部

トップページ >> 診療のご案内 >> 診療科のご案内 >> リハビリテーション部

患者様・ご家族様へ

リハビリテーション部のご案内

リハビリテーション部の理念

1.生活を見る視点を重点に、急性期から在宅分野まで一貫したリハビリテーションを提供します

2.チーム医療の中で、高い専門性を発揮するために、技術向上に努めます

リハビリテーション専門医のご紹介

北村 依理

東葛病院 副院長

日本リハビリテーション医学会専門医

リハビリテーション医療に従事して30年を超えました。
忘れられない方々との沢山の出会いがありました。その出会いが私をリハビリテーション医として育ててくれました。
進行性の神経難病「筋委縮性側索硬化症」自分の肺の力では呼吸が出来なくなり、人工呼吸器をつけるかどうか悩んだOさん。ご家族と話し合い、呼吸器をつけていても、生きていてほしいというご家族の説得で、呼吸器を着けました。人工吸気を付けての在宅生活。 クリスマスに在宅関連の往診医、訪問看護士、ヘルパーさんやケースワーカーが集まり、年によっては、室内楽の演奏会もあったりして、「在宅のチーム」の意味を教えて頂きました。
3歳で脳卒中、右片麻痺、失語症になった患者さんが、元気でおしゃべりし跳ね回れるようになり、ランドセルをしょって学校に行きました。子どもの脳の可能性の大きさと、リハビリテーションに携わる者の責任の重さを痛感しました。
脊髄損傷で、体幹(胴体)と両下肢の麻痺のある若い患者さん。 どう生きるか、「自分で事業をやりたい」と、古着を売ったり、野菜を育てたり、ホームページを作ったり。外来リハに来る時にポツポツと話しをしつづけ、今は就職して事務職として、他の人には替われない才能を発揮し活躍されています。
私自身の経験としても、母がアルツハイマー病となり、今は私の事も良く分からない状態で、施設療養をしています。母の入浴を手伝っていると、ある日は「こんなにしてくれてありがとうね」といわれ、ある日は浴槽の中で身体洗う、と怒り出し「何であんたはここにいるの、出て行きなさい」と言われ様々な思いをしました。通い慣れていたスーパーから家への道が分からなくなり、真冬に5時間も見つからず警察に届け、家族中で探し回ったこともあります。 人は誰でも年を取り、病気をしたり障碍を持ったりします。患者様の気持ち、介護されるご家族の気持ちをできるだけ受け止め、サポートできるリハビリテーション病棟を目指しています。

各職種の特徴

理学療法士
<理学療法認定資格者>
日本理学療法士協会 認定理学療法士 脳卒中 運動器 呼吸器
3学会合同呼吸療法認定士
心臓リハビリテーション指導士

脳血管障害(脳梗塞など)、整形外科疾患(骨折など)、呼吸器疾患など、幅広い疾患に対して運動療法・物理療法等を用いて治療します。起き上がる、立つ、歩くといった基本動作能力向上を図ります。病状に合わせて早期からの治療を病室で行うことや、退院に向けての準備 (退院前家屋評価など)は積極的に実施しています。

作業療法士
作業療法上肢機能の訓練や食事や着替え、トイレ動作などの日常生活動作、家事や趣味や仕事(就労支援)などの日常関連動作について治療・指導・援助を行っています。 また作業活動(革細工・木工・ちぎり絵・刺繍など)を通して、身体機能の回復や認知面や精神面に対する介入を行っています。

言語聴覚士
言語聴覚療法失語症や構音障害などコミュニケーション障害に対する練習やコミュニケーション機器の導入を行っています。また、嚥下(飲み込み)に対する訓練を行っています。VF(嚥下造影)やVE(嚥下内視鏡検査)などを通して、本人・ご家族への食事方法を提案しています。

当院リハビリテーション部の強み

~総合病院の強みを生かした院内連携と、在宅部門との地域連携~
様々な状況においても専門性を発揮し質の高いリハビリテーションをチームにて提供することが出来ます
訪問リハビリテーション課をはじめ、退院後の生活も入院中からサポート情報交換が行えるため退院後の生活フォローもスムーズです

 

回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟の入棟基準について

疾患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態  2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷   180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態  2ヶ月以内 90日
3 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

当院回復期リハビリテーション病棟の理念

地域に根差した病院を目指し、入院中の生活向上はもちろんのこと、入院時より退院後の生活を共に考えていきます。日々の入院生活で様々な職種が協力し合いよりよい医療を提供するとともに、患者様・ご家族様の考えやご意見に耳を傾けリハビリテーションに積極的に取り込んでまいります。
適切な時期に適切な退院調整を提供できる日々精進しています。患者様の退院に対しての不安に寄り添い、共に解決していきます。入院のリハビリと地域でのリハビリ(訪問リハビリ・通所リハビリ・小規模多機能)を併設している強みを生かし、退院後の生活を入院時より支援していきます。

当院回復期リハビリテーション病棟の施設基準

回復期リハビリテーション病棟入院料1を取得しており、より看護体制が整った中で入院生活・リハビリテーションを行う事が可能です。

当院回復期リハビリテーション病棟の特徴

総合病院であることの強み
一般病棟のある病院内にあり、各専門科のサポートを受けつつリハビリテーションを進められます。(泌尿器科、眼科、脳卒中後のうつ状態に対する精神科等)
スタッフも、様々な科を経験していおり、多種多様な病態・障害に対応した訓練の提案・提供が行なえます。

差額ベッド代は頂きません
民医連医療の概念のもと、「無差別・平等の医療」の提供を行っております。患者様の状態に合わせたお部屋の提供を行っております。

地域との密な連携
院内に訪問リハビリテーション課を併設しており、入院時から連携をとれる体制が整っています。また、同法人内に通所リハビリ「えがお」・小規模多機能「いちごいちえ」を併設しており、入院時から密に連携をし、患者様の退院後の生活の向上に努めております。

患者様・ご家族様に寄り添う看護の提供
集中したリハビリを行うために、日々の不安や悩みを寄り添った看護で解消できるようスタッフ一同努力しています。
また、リラクセーションとしての入浴に力を入れており、障害の程度に関わらず湯船につかれる設備を有しております。

アクセス良好
駅から徒歩2分
都心まで乗り換えなしでアクセス可能。広範囲の生活圏を網羅しております。
千葉県内だけではなく埼玉・茨城・東京都からの入院も受け入れております。

当院のリハビリテーションの結果と成果

2019.8 時点

回復期リハビリテーション病棟の入院患者様の内訳